このページの先頭

一般財団法人 京都工場保健会 診療所 診療時間 交通アクセス よくあるご質問

ホーム > 診療科案内 > 甲状腺外来
診療科案内

甲状腺外来

甲状腺外来は、甲状腺の病気を診断・治療いたします。甲状腺は、甲状腺ホルモンという全身の新陳代謝にかかわるホルモンを分泌していますが、ホルモンの調節がうまくいかなくなる事で様々な症状が見られます。
甲状腺の病気には、ホルモンの異常を示す疾患(バセドウ病、橋本病など)と、しこり(良性腫癌、癌など)に大きく分けられます。

甲状腺の腫れている(首のつけ根あたりが腫れる)気がする、健診で指摘された、また下記の様な症状が複数みられ気になった方は、一度ご受診ください。

症 状
甲状腺機能亢進
(ホルモンの分泌量が過剰になる)
甲状腺機能低下
(ホルモンの分泌量が不十分になる)
・頻脈 ・暑がり
・体重の減少 ・動悸
・イライラ ・息切れ
・発汗 ・手のふるえ
・寒がり ・気力の低下
・顔や手のむくみ ・声がかれる
・体重増加 ・動作が鈍くなる
・皮膚がカサカサする ・毛髪が薄くなる
主な検査
  • ホルモン異常:
  • 血液検査
  • 甲状腺超音波検査

  •  甲状腺腫瘤:
  • 甲状腺超音波
  • CT検査
  • MR検査

主な疾患
  • バセドウ病
  • 橋本病
  • 甲状腺のう胞
  • 甲状腺腫瘤

一般財団法人 京都工場保健会Copyright(c)kyotokojohokenkai shinryojyo All Rights Reserved.