このページの先頭

一般財団法人 京都工場保健会 診療所 診療時間 交通アクセス よくあるご質問

ホーム > 診療科案内 > 高血圧外来
診療科案内

高血圧外来

高血圧は「沈黙の殺人者」と呼ばれてます。
心筋梗塞、狭心症発作や脳梗塞など、死に至る病に発展する可能性があります。

高血圧について

高血圧症は、自覚症状がほとんどありません。健康診断のときに血圧が高いと言われて初めて気づく人が殆どです。
この高血圧を放っておくと、動脈硬化が進行し「心筋梗塞」や「脳梗塞」と言う病気になり、最悪は死に至ります。だから「沈黙の殺人者」と呼ばれるのです。

心臓の収縮による血圧が最も高くなった時が収縮期血圧(一般的には上の血圧)、心臓の拡張による最も低くなった時が拡張血圧(一般的には下の血圧)と呼ばれています。
通常、壁はしなやかで弾力性がありますが、高い圧力(上の圧力)が長い間血管にかかると、これに対抗するために血管の壁が厚くなり、しなやかさや弾力性が失われ、血管が硬くなり、狭くなったりします。これが「動脈硬化」です。
さらに血圧が上昇すると心臓にも負担がかかります。

高血圧には「本能性高血圧」と「2次性高血圧」があり、その95%は「本能性高血圧」です。
「本能性高血圧」とは、多くは遺伝子的要因と塩分・脂質の過剰摂取、運動不足、肥満、ストレス、喫煙、アルコールなどの生活習慣の不摂生が原因と言われています。
一方「2次性高血圧」とは、腎臓病やホルモンの病気などからくる高血圧を「2次性高血圧」と呼びます。

高血圧がもたらす病一例
主な検査
  • 心臓超音波検査
  • 頸動脈超音波検査
  • 安静・負荷心電図検査

  • 24時間ホルター血圧検査
  • 24時間ホルター心電図検査
  • 携帯心電図検査

  • 脈派図検査
  • 胸部レントゲン

主な疾患
  • 高血圧症
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心房細動
  • 拡張型心筋症
  • 肥大型心筋症

  • 憎帽弁閉鎖不全症
  • 動脈硬化症

一般財団法人 京都工場保健会Copyright(c)kyotokojohokenkai shinryojyo All Rights Reserved.